2015年5月21日木曜日

ユニバーサルがフィリピン子会社株売却、カジノ開業に前進か!?


フィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)は20日、パチスロ機大手ユニバーサルエンターテインメント がマニラで進むカジノリゾートプロジェクトの関連子会社の全株式を売却したことで、総工費20億ドルの巨大カジノが開業に向けて前進する可能性が高いとの見解を示した。

ユニバーサルが先週、東京証券取引所に提出した書類によると、同社はカジノリゾートを建設中の土地を保有する会社の持ち株会社であるEagle II Holdco Incについて、保有する全株式40%を現地企業のオール・シーズンズ・ホテルズ・アンド・リゾーツに290万ドルで売却した。

この売却により、開業の妨げとなっていた建設地の所有権に絡む法的問題が解消される可能性がある。ユニバーサルの子会社でカジノ免許を持つタイガー・リゾーツ・レジャー・アンド・エンターテインメントとPAGCORは、所有権問題の解消をカジノ開業の前提条件としていた。

この件について、ユニバーサル広報担当者のコメントは得られていない。

【2015年05月21日11時41分  ロイター通信から抜粋】

2015年5月19日火曜日

アジア最大のカジノ展示会が開幕 解禁にらみ、日本企業が殺到!!


アジア最大級のカジノ産業総合展示会「グローバル・ゲーミング・エキスポ・アジア(G2Eアジア)」が19日、中国・マカオで開幕した。日本でのカジノ解禁を見据え、国内企業約10社が出展、エンターテインメント性や品質の高さをアピールしている。21日まで。

 2回目の参加になるセガサミークリエイションは、3月にマカオ政府からカジノ機器設置の認可を取得。今月にはマカオで初めて機器を導入する。

 今回は、3つのサイコロの合計を当てるゲーム機を目玉とした。機器は中国人が好きな「龍」を装飾し、色も赤を基調にするなど現地の文化を取り込んだ。

 すでに海外展開しているアルゼゲーミングは新型のルーレットマシン、コナミは派手なスロットマシンをそれぞれ展示した。このほか、紙幣鑑別機で世界シェアトップの日本金銭機械なども出展した。

 3年前のG2Eアジアには国内企業は1~2社程度しか出展していなかった。今回は「統合型リゾート(IR)整備推進法案が国会で成立していれば、出展する国内企業はもっと増えていた」(展示会運営関係者)という。

【2015年05月19日22時03分  産経ニュースから抜粋】

アジア最大のカジノ展「G2Eアジア2015」!!



アジア最大のカジノ展「グローバル・ゲーミング・エキスポ・アジア2015」(G2Eアジア2015)が19日、マカオで開幕した。日系企業など160社以上が出展。中国をイメージしたデザインの最新電子テーブルゲームが多数出品され、各ブースではコンパニオンが華やかさを競い合っていた(2015年05月19日)

【2015年5月19日  時事通信社から抜粋】

2015年5月18日月曜日

日本のカジノ解禁に向けタスクフォース設置!!


システム開発事業を行うテックファームは、2015年5月20日、米国・ラスベガスに本社を置く子会社プリズムソリューションズ(PSI)と連携してタスクフォースを設置。日本におけるカジノ解禁に備え、PSIが米国カジノ施設向けに展開中の電子決済システム事業を中心に、現地との情報交換やマーケティングリサーチ、統合型リゾート施設(IR)におけるビジネスモデル検討などを開始する。

PSI社によるカジノ施設向け電子決済システムは、各種の近距離通信技術(NFC、FeliCa、Bluetooth LEなど)を活用するもの。スロットマシンなどカジノのゲーム機で利用できるほか、ホテルやレストランなど、統合型リゾート施設全般での電子決済にも対応可能となる。

同社では2015年2月に「ギャンブル依存症対策」に関する特許を取得。この特許を生かすことで、カジノ施設のエントランスに設置した専用機器で個人の年齢やクレジットカードの信用情報を照会、ギャンブル依存症の可能性を判断したうえで入場可否を制御できようになる。同タスクフォースでは、この仕組みを生かすビジネスモデルの開発も行う。

なお、今回開設するタスクフォースチームは、2015年7月1日の体制刷新に合わせ、テックファームホールディングスの社長直轄部門として業務を引き継ぐ計画。

【2015年5月18日  TRAVEL VOICEから抜粋】

2015年5月2日土曜日

こちらも勢いが止まらない『Hearthstone』。カジノゲームTOP30入りにニューフェイス登場!!


5月2日13時(日本時間)調べの米Google Play売上ランキング(ゲームカテゴリー)では上位7タイトルは前週と変わらず。Supercellの『Clash of Clans』の首位が続き、2位はMachine Zoneの『Game of War - Fire Age』、3位にKingの『Candy Crush Soda Saga』、4位もKingの『Candy Crush Saga』、5位にはSupercellの『Boom Beach』などとなった。

また、先週に引き続き、そして米App Storeと同様にブリザードの『Hearthstone Heroes of Warcraft』の勢いが止まらない。先週の15位から12位まで上昇し、いよいよTOP10入り間近となった。しかし、App Storeでも最高9位止まりで、なかなか上位陣の壁が厚いのが現状。Google Playではどこまで順位を伸ばせるのかも注目されている。

また、群雄割拠の北米カジノゲームアプリ市場の上位陣にニューフェイスが登場。社名と同名の『DoubleU Casino』は、おもにスロットとビデオポーカーが中心のカジノゲーム。ユニークな演出から高品質なスロットまで、バラエティ豊かな内容を取り揃えているのが特徴。リリースされてから1年以上経過しているタイトルだが、今後TOP30をキープできるのかが注目。

また、日本勢では、gumi<3903>とエイリムの『ブレイブフロンティア』が13ランクダウンの27位となっており、引き続きTOP30をキープした。

【2015年05月02日 16時00分更新  Social Fame infoから抜粋】

2015年5月1日金曜日

世界のカジノ売上 4230億ドル!!



モルガン・スタンレーの最新のレポートによると、14年の世界のゲーミング売上推計額は4230億ドルに達した。

 その内訳は、従来の一般的なカジノが1490億ドルで35%、宝くじが1210億ドルで29%、スポーツ賭博や競馬などが1180億ドルで28%、オンライン・ゲーミングが370億ドルで9%となっている。従来型のカジノの売上1490億ドルの地域別のシェアは、アメリカが46%、アジア及び豪州が42%、その他が12%となっている。

 同レポートでは、昨年のVIP市場の規模は前年比8%減、全世界で360億ドルと見積もられており、一般的なカジノ売上の4分の1を占めた。地域別では、マカオではVIP売上が75%、シンガポールでは8%、ラスベガス・ストリップでは4%などとなっている。

【2015年5月1日17時33分  Nikkan amusementから抜粋】