2015年9月8日火曜日

Samurai Fund、ソーシャルカジノゲームプラットフォーム事業を行うGoWatermelonに投資!



 株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区、代表取締役CEO 榊原 健太郎)は、『Samurai Incubate Fund5号投資事業有限責任組合』より、2015年2月、GoWatermelon,Ltd.(本社:イスラエル、CEO Dvir Ackerman)に投資致しました。

 GoWatermelon,Ltd.は、2015年2月に設立、モバイル向けソーシャルカジノゲームプラットフォームの企画・開発を行っています。

■“GoWatermelon” とは?

GoWatermelonは、日本市場でモバイルデバイス向けのゲームプラットフォームを開発しています。GoWatermelonのアプローチは、常にゲームの内容を常に変化、更新するような“サービスとしてのゲーム”の開発です。賭け事でなく、遊ぶ事をメインにした、ソーシャルカジノシュミレーショゲームプラットフォームを開発しています。ゲームプレイヤーは、一緒に遊んだり、ギフトを送信することによって、社会的経験を楽しむことができます。

■“GoWatermelon”の目指す世界

世界での、No1モバイル向けソーシャルカジノゲームプラットフォームを目指す

■”GoWatermelon”の目指す市場、サービス、チームの特徴
                     
【1】  市場規模に関して
→2010年以降、欧州中心にモバイルソーシャルカジノ市場規模はコンスタントに大きくなっています。
日本ゲーム市場は、世界でもトップレベルにも関わらず、その市場や成功しているプレイヤーがまだ存在せず、大きな可能性を秘めています。

【2】 サービスに関して
→日本人ユーザーのために特別にローカライズされたモバイル·ソーシャルカジノゲームアプリケーションプラットフォームを開発しています。無料で遊べて、アプリ内購入でのアイテム課金のゲームプラットフォームとなります。他の成功した日本のゲームのように、プレイヤーは、彼らのゲーム体験をパーソナライズし、仮想コインやバーチャルグッズを購入することができるようになります。

【3】 チームに関して
→日本市場へのローカライズ経験者、そして、欧州・米国向けのソーシャルカジノゲーム開発経験者や、スケールの大きなソフトウェア開発経験者で占められています。

【2015年9月08日 10時00分  PR TIMESから抜粋】

2015年9月7日月曜日

カジノ法案、秋の臨時国会に先送り・・・


 安倍晋三首相は7日、カジノ合法化を目指す超党派議員連盟会長の細田博之自民党幹事長代行らと国会内で会談し、カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案を今国会で審議入りせず、秋の臨時国会以降に先送りする方針を確認した。

 来週中に参院本会議での採決を目指す安全保障関連法案の審議を優先する。

【2015年09月07日 20時59分  産経ニュースから抜粋】