2015年12月25日金曜日

開発進むマカオのリゾート地区 高級ホテル「セントレジス」が開業!!



 マカオの中国返還16周年を2日後に控えた12月18日、開発が進むリゾート地区・コタイに、新たな高級ホテルがオープンした。「シェラトン」「ウェスティン」などを展開するスターウッドホテル&リゾート(米国)の高級ブランド「セントレジス」の「マカオ、コタイセントラル」だ。カジノ以外でも観光客にアピールしようという動きがあるマカオで存在感が増す複合型リゾート(IR)内にある。カジノ、登録10周年を迎えた世界遺産に加え、宿の近くで食事、買い物、エンターテインメントなども楽しめるマカオ旅行の新たな選択肢となりそうだ。

 コタイ地区は、世界遺産の歴史市街地区があるマカオ半島南部から、車で橋を渡って約20分南下した辺りに位置する。タイパ、コロアンという島の間を埋め立て、今世紀に入ってから急速に開発が進んだ地区で、近未来都市の雰囲気を感じさせるエリアだ。開発は一時期ほど急激なペースではないが、今回の開業や近隣の工事の風景からは、この地区への投資意欲が感じられる。

 開業した場所は、同地区にあるIRの一つ「サンズ・コタイセントラル」のエリア内。このIR内にある「コンラッド」、「ホリデイ・イン」、「シェラトン」の各ホテル、カジノ、100を超える店舗が並ぶショッピングモール、レストラン、フードコートへは、屋外へ出ることなく、各施設間をつなぐ回廊を歩いて行くことができる。行き交う観光客には、家族連れの中国人が目立つ。近隣には複数のIRがあり、来年2月には、その一つで、米国の歌姫マドンナの初のマカオでのコンサートが開かれる。

 セントレジスは、1904年に最初に開業した米ニューヨークや、日本・大阪などにあり、今回の開業は世界で36番目となる。

 伝統的な格式のある雰囲気と、行き届いた気配りに特徴があるホテル。「邸宅にいるような雰囲気を大切にしている」という理念から、ホテル内のレストランは1つ。外食は、先述のサンズ・コタイセントラルのレストラン街などが近くにあり、不便は感じない。

 「気配り」の象徴は、バトラーサービス。「執事」を意味するバトラーは、宿泊客の様々な要望にきめ細かく応える存在。同ホテルによると、「マカオ初」となる24時間対応を実現するという。到着時に荷ほどきをしてくれる「アンパッキングサービス」、出発前に荷物をまとめてくれる「パッキングサービス」(いずれも無料)を使えば、宿泊客は日常から開放され、ゆったりとくつろげる。スターウッド・ホテル&リゾートのヤン・フェイリン・ブランドディレクターは、「荷物以外のことに時間をつかってほしい」と話す。

 くつろぎの時間に向いている一品が、セントレジスを代表するカクテル「ブラッディマリー」だろう。1934年、セントレジス・ニューヨークのバーテンダーが、ウォッカとトマトジュースのカクテルを完成させたのが始まり。スパイシーなカクテルは、各ホテルで独自の味付けをしている。マカオでは、ピンク胡椒(こしょう)の実やピリピリなど、当地を植民地としていたポルトガルの船員がもたらしたスパイスを採り入れた。ピリッとした辛口は、ホテル内のバーなどで堪能できる。

 客室は、53平方メートルのデラックスルームのほか、4種類のスイートルームがあり、全400室。スイートでは上から3番目のグレードの「メトロポリタン」は、106平方メートル。マンションを思わせる広さに加え、2方向に窓があることで、開放感のある作りとなっている。

 マカオは、中国の「反腐敗」運動の影響などで、カジノで大金を投じる客が減ったとされ、カジノの売り上げは2014年に初めて減少。今年も前年比で大きく落ち込む見込みだが、マカオへの来訪者(1~10月)は数パーセントレベルの微減に止まっている。また、日本からの来訪者の統計で見ると、2007年以降、宿泊型が日帰り型を上回り、全体の約6割を占める。以前は香港から日帰りで訪問するのが主流だったが、マカオでじっくりと過ごす旅行者も多い。こうした環境の変化の中、カジノ、世界遺産という観光資源を生かしつつ、幅広い年齢や客層に訴える魅力が発展の鍵となっている。

 スターウッド・ホテル&リゾートのアジア太平洋地区社長、スティーブン・ホー氏は、「10年間の急速な発展で、コタイ地区は世界的な観光地となった。次の課題は、次世代の旅行者がより多くのエキサイティングな体験ができるようにすること。セントレジスもこの発展に貢献できると確信している」とコメントしている。

【2015年12月25日  朝日新聞デジタルから抜粋】

露「北のラスベガス」目指す! 初のカジノ開業!!



 ロシア極東沿海地方のウラジオストク近郊にカジノ特区が設置され、今秋、最初のカジノがオープンした。極東開発を最重要課題と位置付けるプーチン政権は、同市周辺を訪れる外国人が入国時に査証(ビザ)を取得できる制度を近く施行する計画で、隣接する中国東北部など東アジアからの顧客を引き込み「北のラスベガス」として地域活性化の核とする狙いだ。

 ロシア政府は、地方振興の一環として、ロシアが編入したウクライナ南部クリミアなど国内数カ所の「特区」で、カジノ開設を容認。いずれも首都モスクワから離れた地域で、沿海地方の特区は極東・東シベリアでは唯一となる。

 沿海地方政府などによると、空港に近い海沿いの620ヘクタールの地域にマカオやマレーシア企業などの投資で、2022年までに10軒以上のカジノ併設型ホテルを建設。ヨットハーバーなどリゾート開発と合わせ、年50万人以上を誘致する計画だ。

 第1号のカジノ「ティグレ・デ・クリスタル(ガラスの虎)」は中国・マカオの大規模カジノチェーンの系列で、今年10月に完成セレモニーが開かれた。

 同カジノのクレイグ・バレンタイン支配人は英国・スコットランド出身で、中東やアフリカでカジノ運営に携わった経験をもとに、設備や運営の透明性が「国際水準に達している」と強調した。

 ロシア側の期待は従業員らの雇用創出や地元経済への波及効果にある。地方政府の首脳は「カジノで1000人以上の雇用が生まれた」と説明。地元の乳業メーカー幹部もカジノへの納入業者に選ばれ「品質が国際的に認定された」と誇らしげだ。

 一方、特区には約1000億ルーブル(約1730億円)以上が投資され、現地でカジノを経営する予定の企業群が狙うのは中国や日本、韓国など隣接する地域の経済力だ。

 バレンタイン氏はこれらの地域で、マカオへ行くよりもウラジオストクへ行く方が近い人々は「約3億人に上る」と指摘し、特区は「投資先として理想的な場所だ」と語った。

【2015年12月25日 7時45分  Sankei Bizから抜粋】

2015年12月11日金曜日

「ビットコイン・オンライン・カジノ」人気急上昇、アジア進出準備中!!


 ビットコイン・カジノが楽しめる一味違ったオンライン・ゲームサイト
「LimoPlay.com」がオープン。既に900種類以上のゲームから遊び放題という規模の大きさを誇るが、近日中にQuickfire、Betsoft、Endorphinaなどの大手オンライン・ゲームメーカーと提携して、生中継によるカジノゲームなども予定しているという。バラエティーに富んだ質の高いゲームと、ゴージャスなプラットフォームで、世界中のゲーマーを虜にすること間違いなしだ。

先駆けであるBit Casinoと差別化するため特典を満載

 ビットコイン・オンラインカジノの先駆け、Bit Casinoを始めとするライバルに差をつけるために、加入ボーナスポイントやキャッシュバック、無料プレーなどの特典が満載。24時間カスタマーサポートもユーザーにとっては魅力的だ。

 しかし最も注目を集めているのは、ビットコインをオンラインゲーム業界に持ち込んだという点だろう。LimoPlayではビットコインで決済を行い、ビットコイン・スロット、ビットコイン・テーブルゲーム、ビットコイン・ポーカーといった幅広いゲームが楽しめる。

アジア諸国や東欧へも進出間近

 LimoPlayを「プレーヤーのみ重視のカジノ」と表現するマーケティング・マネージャー、ジェイ・サイモン氏は、目指すはあくまで「世界最高のカジノサイト」であって、プレーヤーにより幅広いオプションを提供する手段の1つとして、ビットコインの採用に乗り出したという。

 また一般的な決済法とビットコインではシステムが全く異なるため、LimoPlayはビットコインのエキスパートと提携し、セキュリティーや受取りに関する課題に取り組んでいるそうだ。

 その一方でアジア諸国や東欧への進出準備にも着手しているそうで、「事業拡大の初期段階に必要な支出は覚悟している」と、長期戦で大きく勝負にでる姿勢を示している。

 ユーザーとのコミュニケーションに重点を置いたアプローチで、ライバルから突出した「オンライン・カジノのパイオニア」の座に向かって、着実に前身しているようだ。

【2015年12月11日  Zuu Onlineから抜粋】

2015年12月10日木曜日

経済減速や観光客減少も、シンガポール・カジノの収益は横ばいで推移!



国際格付機関のFitch Ratingsは、経済減速や観光客減少にも関わらず、シンガポールのカジノ収益は横ばいで推移するとの見方を示した。
 
中国経済の低迷、インドネシアルピア安など外部要因に加え、自国経済の成長が減速したことで、シンガポールのMarina Bay Sands(MBS), Resorts World Sentosa(RWS)の今年の総収益は10%減の67億Sドルと落ち込むが, 来年は横ばいで推移すると予想。
 
MBSに関してFitchは、シンガポールの金融センターに位置し、地下鉄などの交通アクセスも良く、知名度も高いことからマーケットシェア率は今年第1四半期の49%から第3四半期には62%に上昇したという。
 
今後のカジノ市場については、既存の2つのカジノの独占権が期間切れとなるが、政府が新たにカジノライセンスを発行する予定がないことから、引き続き参入が困難な複占ビジネスとして安定していくとした。

【2015年12月10日  DIFIMA NEWSから抜粋】